前へ
次へ

何はともあれ使いこなせるかが鍵になるSFA

SFA(営業支援システム)は、営業が要となる業種、企業において導入されるようになり、大手が継続的に業績を伸ばしているのもSFA導入に成功しているからでしょう。
効果として、売上・利益の最大化です。
企業規模を拡大できるチャンスもSFA導入の成功があるからでしょう。
企業全体が潤えば、社員のボーナスや退職金などにしっかり反映されます。
しかし、そこに行き着くまでには様々な問題をクリアしているようです。
それは、営業活動によるデータ集計・分析をした後、最適なアクションを導き出すSFAの役割の根元であるデータ入力・更新という営業パーソンの仕事が円滑だから成功しています。
SFAはAIとは違い自ら機能せずに、導入したことで営業マンにとって仕事が増えることも無きにしも非ずで、営業活動の効率化を図るツールを使いこなせないケースが少なからずあるようです。
導入するSFA製品は企業規模によって、あるいは価格などによって異なります。
安いから機能が悪いワケではなく、使いこなせない人的ミスによってそうした印象を与える結果になってしまうようです。
もちろん、慣れる時間は必要ですが、営業パーソンが使いやすいと感じるか、使いにくいと感じるか、ある時期に差し掛かったら判断できるでしょう。
その導入したSFAに問題があるか否かは、試してみるまで分からず、導入前に操作性やユーザービリティを確認できる「サービス」を活用しましょう。

Page Top